医院紹介動画

院長挨拶

矯正歯科を通じて、
明るく前向きな人生を

皆様、はじめまして。
矯正歯科治療を担当させて頂きますユニゾン矯正歯科銀座6丁目院長の島崎 一夫と申します。

矯正歯科治療は、私1人の力で成せるものではありません。患者さんのご協力はもちろん、虫歯を治療する先生や歯を抜く先生、手術をする先生、時には耳鼻咽喉科の先生のご協力を仰ぐ必要も生じてきます。様々な方のご協力がなくては出来ないものと考え、「ユニゾン(調和)」という名を医院名に冠しました。

調和は、患者さんと私の関係性についても言えることです。矯正治療は一般的に2年前後かかるといわれています。長く患者さんと付き合い続けるからこそ、なによりも信頼関係を大切にしています。

矯正歯科治療をするにあたって治療方法、費用や支払いのしやすさ、アクセスの良さも条件となると思われますが、やはり、人と人とのことです。まずは医院にいらして、お話をしてから決めていただければと思います。

  • 院長 歯学博士
  • 島崎 一夫(しまざき かずお)
  • 東京医科歯科大学 歯学部 卒業
  • 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科
  • 咬合機能矯正学分野 修了
  • 日本矯正歯科学会 認定医・指導医

ユニゾン矯正歯科の
特徴

おひとりおひとりの人生設計を
考慮した
カスタムメイドな治療

歯科矯正というとマウスピース矯正、表側矯正、裏側矯正など、様々な種類があります。患者さんからは、マウスピース矯正や裏側矯正などの目立たない矯正方法を望む声が多いのが事実です。
しかし、それぞれの矯正方法にはそれぞれメリットデメリットが存在します。その中で患者さんの声を聞き、矯正の種類によるメリットデメリットをそれぞれ補い合うハイブリッドな矯正治療を行うことで、患者さんのニーズに適う方法を見出していきます。
ユニゾン矯正歯科では、垣根を取り払い、それぞれの良いところを集約することが最も理に適うと考えています。これまでに培ってきたネットワークを活かしながら、患者さんにとって最も良い結果を最短距離で実現できるようにしています。

話せる、聞ける、「心配」を
解消できる場所に

患者さんと接する際には、本心で話してもらえるように常に意識しています。どこが気になっているのかという話から始まり、なぜ矯正をしようと思ったのか、なぜ当院に来ようと思ったのか、矯正をしてどうなりたいのか、毎月の通院はストレスにならないのか、費用はどれくらいを考えているのか、それはどうやって支払いたいかということまで、本音の部分を話していただき、患者さんに寄り添った治療を心がけています。もし、費用の面で無理をしているようであれば、時には「まだいいんじゃない?」とご提案することもあります。少しでも不安に思っていることや疑問に思う事があれば心置きなく話していただきたいと思っています。

矯正歯科専門のクリニックだからこそのメリット

歯科矯正は専門性が高い分野です。専門の歯科医師に診てもらえることは患者さんにとっても大きなメリットになります。一般の小児・成人の矯正治療だけでなく、当院では専用の機器を備え、外科手術を伴う矯正など、保険適応の矯正治療にも幅広く対応しています。
また、一般的に歯科医師から患者さんに説明をする際、画像を見せられてもわかりにくいことも多いですが、当院では患者さんが目で見てすぐに理解できるような歯科用CTなどを導入することで、患者さんに視覚的にもわかりやすくご説明することができます。
また、診療日を月に1度設けるということをしていないので、曜日や時間を気にせず通院のストレスを最小限に抑えることができ、急なトラブルにも迅速に対応できる体制を整えています。

詳しい診療内容を見る

営業カレンダー

歯列矯正で美しい歯並びを手に入れるには?歯列矯正の”いろは”を認定医が全て解説!の画像

歯列矯正で美しい歯並びを手に入れるには?歯列矯正の”いろは”を認定医が全て解説!

「見た目のコンプレックスを何とかしたい…」と感じている人の中で「歯並びの悪さ」を理由に挙げる方はとても増えています。「歯列矯正をして、美しい歯並びを手に入れてみせる!」と意気込んで治療を検討したものの、治療開始に至らなかった人まで含めると、その数は膨大なものになるでしょう。また、実際に治療を始めたのにも関わらず、何らかの理由によって途中で断念した方が多いのもこの業界では良くある話です。なぜそのような問題が起きるのでしょうか。今回は、日本矯正歯科学会、認定医の目線から歯列矯正の“いろは”を総ざらいで解説し、皆さんの疑問に答えていきたいと思います。
歯列矯正で失敗しない為には?絶対にやってはいけない矯正歯科の選び方を解説の画像

歯列矯正で失敗しない為には?絶対にやってはいけない矯正歯科の選び方を解説

「歯の矯正が思い通りにいかなくて後悔している…」「できることなら元に戻したい…」と言ったように、歯列矯正に失敗したと感じている人は意外に多く存在しています。高い金額と長い治療期間を掛けたのにも関わらず、望んだ結果が得られなかった時はとても悲しいですよね。しかし、そもそも歯列矯正で失敗しない為には、患者さん自身である程度の知識を持っておくことによって防げることもあるのです。今回は歯列矯正の失敗とはどんなことがあるのか、その対策とは何をすれば良いのかを見ていきましょう。
歯列矯正の期間ってどのくらい?長引かせない為におさえておきたいポイントとはの画像

歯列矯正の期間ってどのくらい?長引かせない為におさえておきたいポイントとは

「歯並びを直したいけど、治療にはものすごく時間が掛かりそうで…」と、歯列矯正を終えるまでの期間を理由に、治療を避けている方もいるでしょう。実際に色々な治療法がありますが、そのどれもが歯をゆっくりと動かすものです。なぜ時間を要するのかと問われると「歯の構造的な問題」と答えるしかないのですが、それでは納得できない人もいるかも知れません。そういった患者さんに対して医師ができることは、せめて治療を長引かせない方針を打ち出すことしか無いでしょう。今回は矯正にかかる時間について詳しく見ていきましょう。