院長紹介

Greeting
島崎一夫

院長 歯学博士 島﨑 一夫

日本矯正歯科学会 認定医・指導医

東京医科歯科大学 歯学部 卒業
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科
咬合機能矯正学分野 修了

元 横浜市民総合医療センター 助教
元 東京医科歯科大学 歯学部附属病院 助教
元 東京医科歯科大学 咬合機能矯正学分野 医局長
元 東京医科歯科大学 顎口腔変形疾患外来 外来医長

略歴
2001年3月 東京医科歯科大学 歯学部卒業
2005年3月 東京医科歯科大学 咬合機能制御学分野 博士課程修了(歯学博士)
2005年4月 東京医科歯科大学 矯正歯科外来 医員
2007年4月 横浜市立大学附属市民総合医療センター 歯科・口腔外科・矯正歯科 助教
2007年4月 横浜市立大学顎顔面口腔機能制御学分野 非常勤講師
2008年8月 横浜市民公開講座「口唇口蓋裂の治療」講師
2010年4月 東京医科歯科大学 矯正歯科外来 医員
2010年10月 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 咬合機能矯正学分野 助教
2011年4月 日本矯正歯科学会 代議員(第一部会 ~2020年3月まで)
2012年4月 東京医科歯科大学 卒後教育担当(矯正歯科 ~2014年3月まで)
2012年12月 横浜市民公開講座「就学期の矯正治療」講師
2014年4月 東京矯正歯科学会 編集幹事(~2016年3月まで)
2015年4月 東京医科歯科大学 咬合機能矯正学分野 医局長(〜2019年3月まで)
2015年4月 東京医科歯科大学 顎口腔変形疾患外来 外来医長(〜2016年3月まで)
2015年7月 東京都歯科医師会卒後研修会「成人の限局矯正治療」講師
2016年4月 東京医科歯科大学 卒後教育担当(矯正歯科 ~2018年3月まで)
2020年3月 東京医科歯科大学 退職
2020年4月 ユニゾン矯正歯科銀座6丁目 開設

2006年8月 日本矯正歯科学会 認定医 取得(第2776号)
2014年8月 日本矯正歯科学会 指導医 取得(第695号)


矯正治療は絶対必要でしょうか

矯正歯科治療をすることには様々なメリットがあります。見た目の印象がより良くなるだけではなく、口腔内の環境や体全体にも良い影響があると考えられます。ここをご覧下さる方の多くが、歯並びに何らかのお悩みをお持ちだと思いますが、私は矯正歯科治療が全ての方に必要だとは考えておりません。

メリットとデメリットを量る

しかしながら、日常生活に支障が出るような歯並びや咬み合わせをお持ちの方もいらっしゃいますので、矯正の専門の歯科医師に一度診てもらうことは強くお勧めいたします。それ以外の方にも基本的に矯正歯科治療は、「やった方が良い」治療ですが、「やらなければならない」訳ではありません。矯正歯科治療のメリット・デメリットを十分に説明いたしますので、その上で治療されることを選んでいただけば嬉しいです。

矯正は魔法ではありません

インターネット等で矯正歯科治療を調べると、様々な治療法が溢れております。頬側、舌側矯正治療はもちろん、マウスピース矯正、インプラントアンカー、外科的矯正治療、サージェリーファースト…etc. 長年の臨床経験からも、どのような治療法でも対応することができますが、人の身体ですので、私にはどんな人にでも『痛くない』『抜かずに治る』『すぐに治る』といったたぐいの魔法はかけることはできません。

時間をかけて基本に忠実に

拡大するだけの無理やりな非抜歯治療や、ご本人のやる気はなく親御さんのみが希望する小児矯正治療など短絡的な治療も私にはできません。将来的なことを考え、培ってきた歯科医学の基本に忠実な矯正治療をご提案したいと考えております。
また、歯ぎしり、食いしばり、クレンチング、顎が痛いなど顎関節症をご自身で認識される患者さんや、全身的な不定愁訴を抱えた患者さんも多く、矯正歯科でも幅広い知識や対応が必要となってきています。マウスピースによる治療、運動療法や行動療法、咬み合わせの微調整など様々な方法がありますが、症状を軽減できる治療や、矯正歯科以外の治療が最適であれば、それに応じた信頼できる専門医を紹介いたします。必要であれば、大学病院もご紹介いたします。

もっと笑える、もっと噛める、新しい明日へ。
名前に「調和」を冠したユニゾン矯正歯科でお待ちしています。

開業の念い

『日本の中心から、本物の矯正治療を提供したい』
〜患者さんのコンプレックスに寄り添い、誠実な選択肢で幸せに導く〜

小学校3年生の夏、そこから私の11年間におよぶ矯正人生が始まった。
決して裕福ではない家庭であったが、受け口に悩む親心のおかげで矯正治療を受けることができた。

とは言え、1984年当時の埼玉県草加市、周りを見渡しても、矯正をやっている友達など誰もおらず、自分一人だった。
子供とは残酷なもので異物を拒むものだ。
だからいじめにもあった。歯を矯正しているだけなのに。

しかし、人生とは面白いもので、そのおかげでたくさんの歯科医の先生と出会った。
もちろん、良い先生、合わない先生といたが、とにかく口の中だけを診るのではなく、私個人を診てくれる先生に対して強く憧れを抱いたのを今でも鮮明に覚えている。
この時から、自分でも気づかずに医療の道に進むことを決意していたのだと思う。

城北高校時代に、自分では気づかなかった才能に目覚めた。
それは、誰かに教えること。しかも効率よく効果的に。
家庭教師のアルバイトで、生徒がズバ抜けて成長した時の喜びはひとしおだった。
人が喜んでくれることは嬉しいのだと心から感じた。

東京医科歯科大学卒業後、大学病院で19年間矯正歯科医として勤めた。
そこでは純粋に患者さんに対して必要な医療だけを追い求めることができた。
セカンドオピニオンとしていらっしゃる患者さんの周りにあるクリニックに目を向けると、本来の患者さんに対しての治療ではなく、
誰のための治療なのか良くわからない、囲い込み、お金儲けの提案がなされたりしているを目にした。
国立の大学病院から必要な治療を提案することが自分の使命だと気づかぬうちに秘めていたのだと思う。
それは患者さんにとって最後の砦なのだから。

しかしながら、大学病院では平日の昼間のみの対応となってしまう。
それは患者さんにとっても私にとってもフラストレーションが溜まった。
そんなことを思っていた矢先、そんな運周りなのか、任命されていた役職の任期が全て終了したのである。
いつまでも大学の看板を背負ってやっている”つもり”だったが、いざそんなに必要とされていないのでは、と疑念がうかんだ時、
「これからは自分でやるしかない」と背中を押された気がしたのだ。
自分にしかできない看板を背負うために。

2020年4月、ここ銀座六丁目に”自分にしかできない看板”を掲げた。

患者さんのコンプレックスに寄り添い、自分にも正直に、損得抜きの誠実な選択を探していきたい。
『ユニゾン』とは、
「人と人との協調性」という意味である。

非常勤歯科医師紹介

坂元 幸太郎(歯科医師 一般歯科)

2001年3月 東京医科歯科大学 歯学部卒業

小澤 英里佳(歯科医師 矯正歯科)

小澤 英里佳

2014年3月 東京医科歯科大学 歯学部卒業
2014年4月 東京医科歯科大学 歯学部附属病院 総合診療科研修医
2015年4月 東京医科歯科大学 咬合機能矯正学分野 入局
2019年3月 東京医科歯科大学 咬合機能矯正学分野 博士課程修了(歯学博士)
2020年8月 日本矯正歯科学会 認定医 取得

 

スタッフ紹介

佐藤 陽子(歯科衛生士 非常勤)

古川 実奈(歯科衛生士)

國吉 水緒(コンシェルジュ)

浅地 真衣(コンシェルジュ)

リンク

連携医療機関

非常勤矯正歯科治療担当歯科医院

あさがお歯科町田
https://asagao-kai.com/dc_machida.html
おおにしデンタルクリニック
http://www.kiyosumidental.com/
小山歯科医院
http://shinshukai.jp/
さとう歯科
http://www.satodc1.com/
サンライズ 歯科クリニック
http://www.sunrise-d.com/
ソウデンタルオフィス
http://www.so-dental-office.com/
田村歯科医院
http://kawashi.jp/tamura/
つくばヘルスケア歯科クリニック
http://www.caredental.org/
濱川歯科医院
http://www.hamakawa-dc.com/