開咬(オープンバイト)を矯正で治す!治療の種類・方法・費用・期間を矯正歯科認定医が解説

開咬(オープンバイト)を矯正で治す!治療の種類・方法・費用・期間を矯正歯科認定医が解説

開咬(オープンバイト)とは、上下の歯を噛み合わせた時に奥歯は噛み合っているのに前歯に隙間が出来てしまい、キチンと閉じない状態のことを指します。

私は日本矯正歯科学会の認定医・指導医として、数多くの矯正治療を行っています。

開咬で苦労している人のうち、矯正することによって前歯が閉じるようになるケースは多いと言えるでしょう。

放置しておくと良くない影響が色々と出てくるので、前歯が開いていると認識している人はすみやかに治療を受けることをお勧めします。今回は開咬について詳しく見ていきましょう。

開咬になる原因とは?

開咬になってしまう原因は様々です。まず、幼少期に舌の筋力が足りず、食べ物を咀嚼して飲み込む動作が正常に行えない場合が考えられるでしょう。

また、幼い時に指しゃぶりをする癖があると上下の前歯が開いてしまいます。その状態で開いた前歯に対して、内側から栓をするように舌を押しつける癖がある人は開咬の症状をさらに進行させてしまいます。

このような舌の癖は口呼吸をすることによって起こりやすいとされていて、アレルギー性鼻炎などを理由に口呼吸になってしまった人が、開咬を引き起こすケースも考えられるでしょう。

そして顎の成長バランスが崩れてしまった場合、生えてくる歯と顎のサイズが合わないために開咬が引き起こされることも。また、遺伝によって骨格に問題があることで、開咬になってしまうパターンもあり得るでしょう。

開咬を放置するデメリット

開咬は前歯が噛み合っていない状態なので、その分、奥歯に掛かる力の負担が大きなものになってしまいます。その結果、奥歯がすり減ってしまったり、最悪の場合は折れたり割れたりする場合も考えられるでしょう。

奥歯の破折が無かったとしても、大きい負担がかかる歯は虫歯や歯周病を引き起こしやすくなってしまいます。そのような状態になると、大切な歯を失ってしまう恐れも出てくるので注意が必要です。

日常生活を送る上でも問題があります。前歯で食べ物を噛み切れないことから、食事をすること自体にわずらわしさを感じてしまったり、咀嚼がうまくいかないことで消化器官に負担がかかってしまうことも。

また、空気が隙間から漏れることで発音しにくい言葉が出てくるため、人と会話することをためらってしまうケースもあるでしょう。このように大きな問題を引き起こす開咬は、矯正で治せる場合もあるのです。

開咬を治すための歯列矯正

歯列を正しい状態に矯正してあげることで、開咬の症状に改善が見込めるケースは多いと言えるでしょう。ただし骨格に問題を抱えているケースでは、矯正だけでなく外科的な処置が必要なこともあります。

歯並びの乱れが開咬の原因になっている場合でも、その症状の重さというのは患者さんによって様々です。ですので、一人ひとりで異なってくる症状の度合いに合わせた矯正法で、適切な歯列を実現します。

この項では、いくつかの代表的な歯列矯正の治療法をピックアップし、それらの開咬に対する治療効果について解説しましょう。

ワイヤー矯正

歯の表面に「ブラケット」と呼ばれる部品を接着し、そこに金属製のワイヤーを通して矯正する手法を「ワイヤー矯正」と言います。ワイヤーの力を歯に掛けることで、ゆっくりと目的の位置まで歯を動かすのです。

この手法は現代において最も古くからある治療法なので、様々な症例に対応してきた実績があります。この方法を扱う矯正医としても、手慣れていると言えるでしょう。

ただし装置を取り付けると、治療を終えるまで取り外せません。歯磨きを怠ると雑菌が増えて虫歯や歯周病の原因に。そうなると矯正を止めて虫歯・歯周病治療が優先されるので、治療期間が延びる点に注意しましょう。

装置が目立つことを嫌う人に向けて、最近ではワイヤーを歯と同色にして、さらに透明のブラケットを組み合わせて目立たなくした装置もあります。さらに目立たなくするためには、適応可能な症例は限られますが、部品をすべて歯の裏側に取り付ける「裏側矯正」という手法も存在します。

マウスピース矯正

10日に一回程度のペースで段階的にマウスピースを取り替え、最終的に理想とする歯列まで歯を動かす治療法を「マウスピース矯正」と言います。一枚のマウスピースで歯を動かす量はコンマミリ単位と微細なものです。

この手法は、食事や歯磨きの際に装置を取り外せる点がワイヤー矯正との大きな違いです。ただし、1日20時間以上の装着が必須とされていて、それを守らないと治療の効果が上がらない点に注意が必要です。

また、マウスピースを装着するにあたっては、歯を綺麗に磨いた状態でなくてはなりません。なぜなら、食片などが残っているとマウスピースで加えたい力がうまく歯列に伝わらなくなり、矯正力が働かないからです。

そして、クリニックからは複数枚のマウスピースをまとめて手渡されることになります。そのため紛失しないよう注意しましょう。また破損してしまうと、作り直しとなるので治療期間が延びてしまうので注意が必要です。

MFT(筋機能療法)

開咬の症状を持つ人は、その隙間に舌を押し当てる癖があることは既に述べました。そのように内側から前歯をグイグイ押していると、治ったはずの開咬が再発してしまう恐れがあります。

そのため矯正治療を終えた後には、舌の筋肉を適正なものにして悪い癖が出ないように改善する「MFT(筋機能療法)」と呼ばれる治療が行われます。

このMFTは歯列と関係する口腔周りの筋機能を改善させるものなので、舌だけでなく唇や頬なども治療の対象になります。まず、口腔周りのそれぞれの筋肉の機能を改善させる訓練が行われるでしょう。

次に咀嚼やものを飲み込む動作、発音や呼吸の訓練が行われます。そして最後に、無意識の時にも唇と舌が適切な位置にあることを目指す訓練が行われ、歯列を乱す要因を取り除けば完了です。

歯列矯正用アンカースクリュー

ワイヤー矯正では目的とする歯を動かすために、本来は動かす必要のない他の歯にも力が掛かります。つまり、お互いの歯が相対的に動いてしまう状態に。その問題を解決するのが「歯列矯正用アンカースクリュー」です。

これは歯茎内や口腔内の骨に取り付けるネジ式のアンカーで、絶対的に動かない力の固定源として用いることが出来るのです。ネジ頭にあるアンカー部分にワイヤーを掛け、目的の歯と繋いで治療効果を向上させます。

例えば水平方向に前歯を動かしたい場合は、奥歯の歯茎部分にアンカーを取り付け、そこから前歯にワイヤーを掛けて後ろへと引っ張るといった手法を用います。

また、歯に回転を加えるような動かし方や垂直方向へ動かすことも出来るので、目的とする歯だけを効果的に矯正できる手法と言えるでしょう。

開咬の歯列矯正にかかる費用と期間

先の項で開咬を治せる手法として紹介したワイヤー矯正とマウスピース矯正ですが、そのどちらの治療法にも「全体矯正」と「部分矯正」と呼ばれる矯正法が存在しています。

歯列全体に力を加えて矯正することを「全体矯正」と言い、数本の歯だけに力を加えて矯正することを「部分矯正」と言うのです。部分矯正で済ませられる方は、治療費を削減できるとともに治療期間も短縮できますが、部分矯正で治療できる症例は症状の軽いものに限られています。

開咬の矯正にかかる費用

当院で開咬の矯正にかかる費用の目安は以下の通りです。

部分矯正(ワイヤー矯正)¥220,000~¥858,000
部分矯正(マウスピース矯正)¥462,000~¥726,000
全体矯正(表側からのワイヤー矯正)¥858,000~¥990,000
全体矯正(マウスピース矯正)¥726,000~¥957,000

開咬の矯正にかかる期間

開咬の矯正にかかる治療期間は以下の通りです。

部分矯正数ヶ月
全体矯正1~2年(動的治療後に、さらに1年程度の保定期間が必要)

ユニゾン矯正歯科銀座6丁目なら開咬と歯列矯正について相談可能!

開咬の治療は、開咬の程度や原因によって、治療方法が異なってきます。

開咬と歯並びを根本的に治すために、矯正治療だけではなく、外科手術を併用することが必要な症例もあります。

歯列矯正によって開咬の状態を改善できるのかどうか、まずは知ることから始めませんか。

ユニゾン矯正歯科では、丁寧なカウンセリングを行ったうえで説明いたします。

横顔における上顎・下顎の位置関係や歯の傾きなどを確認し、同じ年代・性別の方々と比較してご自身のどこに問題点があるのかを説明いたします。外科手術が必要な症例なのか、それとも外科手術をしなくても、歯列矯正だけで改善可能なのかどうか、を説明いたします。


当院診療風景

当院受付

当院受付風景


まとめ

以上、開咬になる原因と放置するデメリットについて解説し、歯列矯正による治し方に触れつつ、費用や治療期間について紹介しました。

骨格に異常を抱えて外科手術を必要とするケースのなかには、保険が適用される場合があります。

いずれにせよ、自身の開咬が矯正で治るものなのか確認するために、矯正歯科でカウンセリングを受けることをお勧めします。

当院でも歯列の悩みを抱える方の相談を受け付けていますので、歯並びに異常を感じている人はぜひ一度お越しください。

                                  

LINE 相談・予約できます。友達追加はこちらから

                             

部分矯正は全体矯正よりも簡単で低価格?矯正専門医が両者を比較します

部分矯正は全体矯正よりも簡単で低価格?矯正専門医が両者を比較しますの画像

部分矯正は全体矯正よりも簡単で低価格?矯正専門医が両者を比較します

費用や期間などにおいて、比較的楽に矯正ができると思われている部分矯正。「部分矯正は全体矯正よりも楽に治療できる」とお考えのもと、相談や治療計画のお問い合わせをいただくことは非常に多いです。

しかし、部分矯正は一概に”楽”であると断定できません。むしろ全体矯正の方が、費用やリスクの面でメリットが大きい場合もあります。

本記事では、部分矯正と全体矯正を「期間」「費用」「抜歯の有無」「治療できないケース」「リスク」の観点から徹底比較していきます。

部分矯正であれば全体矯正よりも負担が軽いとお考えの方や、部分矯正のメリット・デメリットを知りたい方などは、ぜひ最後までご覧いただき、そのうえでどちらにするかをご検討ください。

マウスピース矯正とは?デメリットや矯正ができない事例を解説

マウスピース矯正とは?デメリットや矯正ができない事例を解説の画像

マウスピース矯正とは?デメリットや矯正ができない事例を解説

ワイヤー矯正とは異なる魅力を有するマウスピース矯正。近年、学生、社会人、女性を中心に人気を集めています。

本記事では、マウスピース矯正に関して、メリット、デメリット、矯正ができない事例について解説していきます。「マウスピース矯正を検討している」「マウスピース矯正ができるか不安」という方は、ぜひ最後までご覧ください。

矯正治療の歯型取りが気持ち悪い!理由と吐き気の対策を紹介【歯型を取らない方法も紹介】

矯正治療の歯型取りが気持ち悪い!理由と吐き気の対策を紹介【歯型を取らない方法も紹介】の画像

矯正治療の歯型取りが気持ち悪い!理由と吐き気の対策を紹介【歯型を取らない方法も紹介】

矯正治療を受ける際に、多くの方が苦手意識をもつ歯型取り。「おえっ」となる感覚が嫌で、矯正治療を敬遠している方も多いのではないでしょうか。

本記事では矯正治療における歯型取りに焦点を当て、必要性、気持ち悪さを感じる理由、気持ち悪さを緩和するコツについて解説していきます。最後に歯型取りの最新技術「3D口腔内スキャナー」にも触れますので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、歯型取りは歯科専門用語で「印象採得」といいますが、ここでは一般的で親しみやすい「歯型取り」で進めます。

部分矯正ができない例とは?判断基準について矯正歯科の認定医が解説!

部分矯正ができない例とは?判断基準について矯正歯科の認定医が解説!の画像

部分矯正ができない例とは?判断基準について矯正歯科の認定医が解説!

「私は数本の歯が乱れているだけだから部分的な矯正で済ませたいな」といったように、気になる歯が1〜3本程度ならば部分矯正で治せるのではないかと考えている人も多いでしょう。 しかし乱れた生え方をして...

叢生の矯正とは?原因と放置するデメリットや矯正治療法について紹介

叢生の矯正とは?原因と放置するデメリットや矯正治療法について紹介の画像

叢生の矯正とは?原因と放置するデメリットや矯正治療法について紹介

「歯並びが不揃いなのが気になるから、治したい」と考えている人は、見た目や機能性の問題を感じている場合が多いでしょう。 私は日本矯正歯科学会の認定医・指導医として、数多くの矯正治療を行っています。...

下の歯だけ矯正することは可能?部分矯正の特徴やメリット・デメリットについて

下の歯だけ矯正することは可能?部分矯正の特徴やメリット・デメリットについての画像

下の歯だけ矯正することは可能?部分矯正の特徴やメリット・デメリットについて

「下の歯に気になる部分があるから、そこだけを矯正したい」といったように、部分的に歯列が乱れていることを気にする人もいるでしょう。 その一部分だけを治すために、大掛かりな装置を取り付けて治療をする...

開咬(オープンバイト)を矯正で治す!治療の種類・方法・費用・期間を矯正歯科認定医が解説

開咬(オープンバイト)を矯正で治す!治療の種類・方法・費用・期間を矯正歯科認定医が解説の画像

開咬(オープンバイト)を矯正で治す!治療の種類・方法・費用・期間を矯正歯科認定医が解説

開咬(オープンバイト)とは、上下の歯を噛み合わせた時に奥歯は噛み合っているのに前歯に隙間が出来てしまい、キチンと閉じない状態のことを指します。 私は日本矯正歯科学会の認定医・指導医として、数多く...

歯列矯正で面長が治る?出っ歯や受け口の治療による面長の印象の変化について

歯列矯正で面長が治る?出っ歯や受け口の治療による面長の印象の変化についての画像

歯列矯正で面長が治る?出っ歯や受け口の治療による面長の印象の変化について

みなさんはどういった顔立ちの人を「美人」だと感じますか。このように問いかけるのは、美しいと感じる感覚も時代とともに変化することを知ってほしいからです。 江戸時代の浮世絵の様に、ある時代までは面長...

ガミースマイルの治し方を解説!矯正治療で治るガミースマイルの原因を紹介

ガミースマイルの治し方を解説!矯正治療で治るガミースマイルの原因を紹介の画像

ガミースマイルの治し方を解説!矯正治療で治るガミースマイルの原因を紹介

「ガミースマイル」とは、笑ったときに上の前歯の歯肉が過剰に見えすぎてしまう状態を言います。元々は歯科用語でしたが、多く知られるようになりました。 最近になってますます注目されているこの症状は、見...

歯並びが悪いことによる影響とは?その原因と歯並びをよくする治療方法を紹介

歯並びが悪いことによる影響とは?その原因と歯並びをよくする治療方法を紹介の画像

歯並びが悪いことによる影響とは?その原因と歯並びをよくする治療方法を紹介

「私は歯並びが悪いから、その問題を何とかしたい」と考えている人も、自身の症状がどれくらい重症なのかは把握できていなかったりします。 患者さんの歯列というのは一人ひとり本当にバラバラですから、専門...

歯列矯正で横顔が変化する?理想のEラインを実現する為に必要なこととは何か

歯列矯正で横顔が変化する?理想のEラインを実現する為に必要なこととは何かの画像

歯列矯正で横顔が変化する?理想のEラインを実現する為に必要なこととは何か

歯列矯正によって横顔のコンプレックスを解消される患者さんは意外と多くいらっしゃいます。 フェイスラインを美しくしたい目的に対して歯の矯正が効果的だとしたら、これを見逃す手はありませんよね? 私は...

安い歯列矯正って実際どうなの?注意点と矯正治療をなるべく安く抑える方法について。

安い歯列矯正って実際どうなの?注意点と矯正治療をなるべく安く抑える方法について。の画像

安い歯列矯正って実際どうなの?注意点と矯正治療をなるべく安く抑える方法について。

「歯列矯正を安く済ませたい」と悩んでいる方は非常に多いと思われます。 私は日本矯正歯科学会の認定医・指導医として、数多くの矯正治療を行っています。大学病院で19年間矯正歯科医として勤めてきました...