外科的矯正治療

顎変形症(顎離断等の手術を必要とするものに限る)

矯正歯科治療は一般的には保険適用外ですが、顎変形症(顎離断等の手術を必要とするものに限る)の手術前・手術後の矯正歯科治療は保険診療の適応となります。
ですが、これら保険適用される矯正歯科治療を行える医療機関は、厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長に届け出た保険医療機関のみになります。
当医院は、顎口腔機能診断施設となっておりますので、顎変形症の手術前後の矯正歯科治療は保険診療となります。

外科的矯正治療は基本的に『術前矯正治療』→『顎矯正手術』→『術後矯正治療』という流れです。
(最初に手術を行う、いわゆるSurgery First、サージェリーファーストというものがありますが、保険適応外となり自費診療となります)