歯の裏側に装着する「舌側矯正」

歯の裏側のワイヤー矯正

ワイヤー矯正の一つですが、ブラケットを歯の内側につける方法で、治療中も装置がほとんど目立たないことが最大の特徴です。「舌側矯正」「リンガルブラケット矯正」とも呼ばれます。ブラケットを歯に装着し、矯正用ワイヤーで歯をコントロールしていく原理は表側の矯正治療と同じです。
しかし歯の裏側の形は平らな部分が多い表側と違って複雑な曲面を描いています。そのため舌側のブラケット装置は汎用性が低く、歯への接着面をオーダーメイドで作成する必要あります。また装置が歯の裏側についていて見えにくいため、表側に比べると調整が困難になります。
リンガル矯正ではその様な欠点を補うために、治療に取り掛かる事前準備として歯科技工士と連携してブラケット等をオーダーメイドで製作するので、時間と費用が増加します。
装置が表側から見えないということは最大のメリットではありますが、汚れていても見た目でわからない為、患者さんご自身でしっかり歯みがきを行うことがとても大切です。また、サ行やタ行などの発音がしづらくなるため、装置を付けた当初は発音の練習が必要で、違和感も含めて舌側装置に慣れるまでの時間には大きく個人差があります。
出来るだけ目立ちたくない矯正装置で治療がしたいというご希望に沿うため「ユニゾン矯正歯科銀座6丁目」では、特に目立つ上の前歯部のみ裏側に矯正装置を装着し、その他の歯には表側に装置を装着するといった方法もご提案しています。しっかりご相談しメリットとデメリットをよく理解した上で選んでください。