治療内容

HOME | 治療内容

Orthodontics

歯列矯正

ワイヤー矯正
(歯の表側の矯正)

1928年にE.H. Angle先生が発表されたエッジワイズ装置に端を発する、様々な矯正治療法の中でも、最も一般的で成熟した治療法です。
歯の表面にブラケットを接着し、そこにアーチ型のワイヤーを組み込んで調節していく方法で、個々の歯に装着する矯正用ブラケット装置も従来は金属製でしたが、近年では材料や技術の進歩により、プラスチックやセラミック、ジルコニアセラミック、サファイアセラミック等の透明感のある素材が開発され、装置そのものが目立たなくなりました。矯正用ワイヤーも、従来のシルバーの色以外にも、ホワイトにコーティングされた歯の色合いに馴染む素材の製品も開発され、以前にも増して目立たなくなっています。
精密な調整を行う必要のある装置を見えやすい場所に装着するという点からも、治療に歴史があるという点からも、この治療法が最も治療期間を短く、確実に、効率よく治療のゴールに近づけることができると考えております。装置が見えないようにということはできませんが、「ユニゾン矯正歯科銀座6丁目」では出来る限り目立ちにくい装置を使用することで、審美面に配慮し、他の治療方法に比べて、費用も相対的に抑えることが可能です。

 
 

 

ワイヤー矯正
(歯の裏側の矯正)

ワイヤー矯正の一つですが、ブラケットを歯の内側につける方法で、治療中も装置がほとんど目立たないことが最大の特徴です。「舌側矯正」「リンガルブラケット矯正」とも呼ばれます。ブラケットを歯に装着し、矯正用ワイヤーで歯をコントロールしていく原理は表側の矯正治療と同じです。
しかし歯の裏側の形は平らな部分が多い表側と違って複雑な曲面を描いています。そのため舌側のブラケット装置は汎用性が低く、歯への接着面をオーダーメイドで作成する必要あります。また装置が歯の裏側についていて見えにくいため、表側に比べると調整が困難になります。
リンガル矯正ではその様な欠点を補うために、治療に取り掛かる事前準備として歯科技工士と連携してブラケット等をオーダーメイドで製作するので、時間と費用が増加します。
装置が表側から見えないということは最大のメリットではありますが、汚れていても見た目でわからない為、患者さんご自身でしっかり歯みがきを行うことがとても大切です。また、サ行やタ行などの発音がしづらくなるため、装置を付けた当初は発音の練習が必要で、違和感も含めて舌側装置に慣れるまでの時間には大きく個人差があります。
出来るだけ目立ちたくない矯正装置で治療がしたいというご希望に沿うため「ユニゾン矯正歯科銀座6丁目」では、特に目立つ上の前歯部のみ裏側に矯正装置を装着し、その他の歯には表側に装置を装着するといった方法もご提案しています。しっかりご相談しメリットとデメリットをよく理解した上で選んでください。

 
 
 

マウスピース矯正 

近年デジタル技術の歯科界への導入が進んだために普及が進んできた、取り外し可能な矯正装置による治療です。(完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります)
当院では、インビザライン・システム、アソアライナー、クリアコレクトという装置に対応し、症例の種類と難易度、費用などを比較して最適なものを使用しています。原理としてはどれも同じで、「今の歯並び」よりも「理想の歯並びに向かってほんの少しだけ動かした歯並び」で作ったマウスピースを装着することによって歯に力を加えていきます。一つのマウスピースでほんの少しずつ歯を動かしていくので、治療の全工程には数十個(症例によって異なります)のマウスピースが必要です。
「ユニゾン矯正歯科銀座6丁目」では、アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社の光学3D口腔内スキャナーiTeroによる高精度デジタル印象(歯の模型)を採得し、より高精度なマウスピースを作成することができます。それらを適切に使用することにより、他人から見えにくい装置で、着脱が簡単で食事や歯磨きがし易く、金属アレルギーを有する方も使用でき、診療室での治療時間も比較的短いというメリットがあります。
ただし、歯を動かすためには力を加え続けなければなりませんので、マウスピースは1日あたり20時間以上装着していただければなりません。特に注意しなければならないのが、マウスピース矯正は歯の移動量の少ない症例に限られ、使用状況によって効果が大きく異なります。また、小児や骨格的要因を含む症例には適せず、現在の医療水準で考えれば精密な歯の移動は原則として困難で、満足のいく治療結果が得られない可能性があります。
矯正治療を希望される方のお気持ちとして、出来るだけ目立たない矯正装置で治療がしたいというのは当然です。「ユニゾン矯正歯科銀座6丁目」では、マウスピース矯正のデメリットを最小限にするべく、治らないところはワイヤー矯正を併用するといった方法もご提案しています。しっかりご相談しメリットとデメリットをよく理解した上で選んでください。

 

Esthetic dentistry

歯をうつくしく

ホワイトニング
(クリニックでの施術)

歯の色が気になる、歯を白くしたいなどのお悩みがある方への、本来の美しい色を可能な限り取り戻すホワイトニング治療です。
クリニックで行うことからオフィスホワイトニングとも呼ばれ、歯を傷めないようケアしながら高濃度の薬剤を使用できます。ご自身で行う手間をかけずに、ご自宅でのお時間が取れない方でもできるホワイトニングで短期間で明るく白くしたい方にお勧めです。
ユニゾン矯正歯科銀座6丁目の歯科衛生士は、ホワイトニングの専門的な知識を有していることを証明する、ホワイトニングコーディネーターの資格を取得しています。ホワイトニングを行う前の色合わせから治療の手技まで、歯科医師だけでなく専門的な知識を持った歯科衛生士が対応することで、安心してホワイトニングを受けていただくことができます。
 
費用はこちら

ホワイトニング
(ご自宅での施術)

歯の色が気になる、歯を白くしたいなどのお悩みがある方への、本来の美しい色を可能な限り取り戻すホワイトニング治療です。
ご自宅で行っていただくのでホームホワイトニングとも呼ばれます。当院でマウスピースを作製後、ご自宅で専用の薬剤を入れて決まった時間使用していただきます。
定期的にホワイトニング効果をチェックさせていただき、目標の歯の色になるまでホワイトニングを継続します。ご自分のペースでゆったりと行え、低濃度の薬剤を浸透させていくので知覚過敏などの副作用も起こりにくいことがメリットです。
 
治療費はこちら

PMTC
(歯のクリーニング)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、毎日の歯磨きだけでは取り除けない汚れや着色、プラークや歯石を、歯科医院にて専門的に取り除くクリーニングです。また、徹底的に歯面清掃と研磨を行うことで、むし歯や歯周病になりにくい環境を整えます。
一般的にはデンタルフロスや歯間ブラシでの清掃に加え、ブラシやチップを先端に取り付けた器具を使い、歯の表面の汚れを落とします。またフッ素が配合されたペーストで歯の環境を整えることもあります。
それらに加えて、当院ではEMS社のエアフローワンを使用し、バイオフィルム、ステイン、早期歯石を歯肉縁上・縁下からの除去を効果的に行います。特に矯正装置周辺のバイオフィルムを効果的に除去することができます。
 
治療費はこちら

Relationship

連携医療

一般歯科領域

 
当院では、矯正歯科以外の治療に関して、専門的な治療が必要な場合には、他のクリニックや大学病院との連携を積極的に行っております。
院長の出身大学である東京医科歯科大学附属の歯学部病院、医学部病院だけでなく、歯科領域での一般歯科、口腔外科はもちろんのこと、全身的な不定愁訴に関連する整形外科、口腔と密接に関係している耳鼻科領域や形成外科、心理面でのサポートとして精神科、心療内科など、ご希望に応じて他のクリニックや大学病院をご紹介させていただいております。
 

instagramへのリンク
 
facebookへのリンク
 
LINEへのリンク
 03-5962-8701  オンライン予約
instagramへのリンク
 
Facebookへのリンク
 
LINEへのリンク
  03-5962-8701  オンライン予約